甘えてくる彼氏が嫌!彼の心理状態について

甘えん坊の彼氏がどんな心理状態なのかって気になりませんか?

なぜ、彼が甘えてくるのかを知れば、少しは対処方法が見えてきますよね!
そんな、彼氏が甘えてくる時の心理状態について解説していきます。

あなたに気を許している

あなたは彼が甘えてくると嫌になってしまうかもしれません。

しかし、彼があなたに甘えてくる理由は、あなたに気を許しているからです!

そもそも、人が甘える相手というのは初めのころは親などの信頼している相手ですよね!

彼が猛烈に甘えてくるのは、あなたが彼氏の家族と同じ立場にいるという証拠でもあるのです。

彼氏の家族と同じ扱いって少し嬉しくないですか?
「彼氏が甘えるのはキモいから嫌」と単純に跳ね除けないであげてください笑

 

単にいちゃいちゃしたい

甘えてくる男性は、ボディタッチやスキンシップが非常に多いものです!

体の一部を触ったり、妙に距離が近かったりしますよね。
これはシンプルに彼女に密着することで、いちゃつきたいという願望が現れているというものです。

これはかなりシンプルな甘えてくる理由ですね!

 

彼自身をもっと気にして欲しい

「俺のことをもっと見て!」と彼氏が思っていると、あなたに甘えてきます。

付き合って間もないと、彼氏といちゃいちゃするのが好きな人が多いですよね!

しかし、しばらく時間が経つと『煩わしい!』なんてことも笑

 

男性に比べ、女性の方が精神的に成長するのも早いですし、環境の変化への適応能力も高いです!

それに、母性本能があるので、そのうち世話を焼いてみたりと面倒を見る側に回っていきます。
これをやりすぎると、付き合った男性がダメになっていくパターンですね笑

これに対し、男性は自分のことをもっと気にして欲しい!という思いをずっと持ち続けています。
そして、その希望が叶わなくなると言動が荒れ始めます笑

よくありがちなのが、結婚して奥さんが子供のことばかりになると拗ねるやつですね!
「気にしているよ」というアピールをしてあげましょう笑

 

甘えてくる彼氏が嫌な理由

恋人の本音がわからない?恋愛学を使った相手の本音を見抜く方法!

彼氏が甘えてきて嫌!
付き合いたての頃は、そんなことなかったのに急に「甘えられるのが嫌になった」なんてことがあります。

中には付き合い始めから、甘えられるのは嫌という人もいますよね!
ここでは、なぜ彼氏が甘えてくるのが嫌なのかについて解説していきます。

自分が甘えられない

甘えたいけど、人に甘えるのはダメだ!と自分に強く制約をかけてきた人は、簡単に甘えてくる人を相手にするのが苦手です。

それは、自分が人に甘える方法がわからないからです!

過去の環境が影響して人に甘えることができなくなってしまいます。

例えば
・経済的に苦しく、小さい頃から家の役割を担っていた
・両親の仲が悪くて子供の時に甘えられなかった
・「お姉ちゃんなんだから!」と言われて育った、などが挙げられます。

これらに当てはまるものがあれば、「甘えちゃいけない」と頑張って生きてきた証拠です!

『彼氏が甘えてくるのが嫌』と感じるのは、あなたが冷たい感情を持っている人間なのではなく、あなた自身が本当に甘えたかった時に甘えられなかった経験が原因かも知れません。

 

男らしくないから嫌

彼女が男性に対して「男らしさ」を求めている場合にも、彼氏が甘えてくるのが嫌になってしまいます。

昔ながらの硬派の男性!というイメージを持っていると、「俺のことギュッとして♡」と言われると『こいつキモ』ってなってしまいがちです笑

自分の父親が『頼り甲斐のある、芯の通った男性』だった場合は、余計に甘えてくる男性に対して”キモい”と感じやすいのです!

生まれて初めて深く関わる男性は父親ですので、無意識的に男性の基準となるのです。

 

自分が甘えたい

彼氏を甘やかすよりも、自分が甘やかされたいという願望が強い状態です。

「彼にいっぱい褒めてもらいたい」
「彼にギュッてしてもらいたい」
というタイプの場合、彼氏が甘えてくると確実に不満が募ってきます!

「私が甘えたいのに!」ってやつですね笑

末っ子などで家族や兄弟から、甘やかされて育ってきたり、容姿が可愛らしく昔からモテてきたタイプにも多いですね。

これとは逆に、小さい頃は甘えることができなかったタイプも、昔の反動で甘えるようになったりもします。

この場合は、甘やかすのが好きなタイプの彼氏との相性がいいですね!

みさき
相性が悪かったら違う人を探すのも手です!

 

甘えてくる彼氏が嫌?どう対応する?

甘えてくる彼氏が嫌になってくるのは、甘えてくる彼氏への対応が分からないということも考えられます。

そこで、今回は甘えてくる彼氏への対応策について解説していきます!

ひたすら甘えさせる

彼が甘えてきたら、多少嫌でも邪険に扱わずに彼の気が済むまで甘えさせてあげましょう!

何も聞かずに、甘えさせてあげてください。

甘えてきてた時に「なんかあった?」「どうしたの?」などと聞くよりも、ただ甘えさせてあげるのも手です。

理由はあまり聞かれなくないけど、甘えたくなる時ってありますよね!
彼氏にもそんな時があるのです。

 

スキンシップを増やす

彼氏が甘えん坊の場合は、彼女から積極的にスキンシップをとると喜ばれます!

歩いているときに、手を繋いだり、服の裾をつかんだり。
彼女の可愛いスキンシップで、彼の「疲れ」や「寂しさ」は癒されるものなのです。

何も言わずに隣に座って、彼の手をとるだけでも想いは伝わります!

みさき
甘えられた時に言葉はいりません。

 

褒めてあげる

男性は褒められたい生き物です笑
大体の男性は褒められて伸びるタイプです!

彼があなたに甘えてきたら「仕事頑張ってるね」「すごいよ!」と、とりあえず褒めてあげましょう。

彼女に何気なく褒められるだけでも、男性はすごく嬉しいものです!
彼氏が弱みを見せてきたとしても、「もっと頑張りなさい!」よりも「十分頑張ってるよ」と褒めてあげてください!

案外メンタルが弱いのが男性なんです笑

 

まとめ

『甘えてくる彼氏が嫌い!』というあなたへ。
彼氏が甘えてくる時はどんな心理状態なのか?から、なぜ甘えてくるのが嫌いなのかについて解説してきました。

彼が甘えてくる時に、彼氏がどんな心理状態なのかを知っておけば『彼が甘えてきた時にどう対応すれいいのか?』ということが分かってきます。

どんな人にも、甘えたい時はあります。
いちゃいちゃして幸せな気持ちになりたい!だったり、不安を癒してもらいたい!など、色々な場面があると思います。

そんな彼をみて、『男らしくない』『自分が甘えたい』などと思うかも知れません。
しかし、”彼が甘えてくるのは、それだけあなたに気を許している”ということなのです!

彼が甘えてきた時に嫌な気分になった時は、このことを思い出してみてください。

 

 

 

記事を読んで頂きありがとうございました!

 

今回の記事で悩みが解決できずモヤモヤしている場合は、悩み相談のプロに相談することをオススメします。

百戦錬磨の悩み相談のプロたちが、あなたの悩みを聞いてくれるのでスッキリしますよ(^^)

 

無料の電話占いランキングベスト3

電話占いカリス
鑑定件数が100万件以上なので安心感抜群!!!
・100万件の超える鑑定件数
・在籍占い師と芸能人との対談も多く安心感がある
・リピーターが多いので占い師の質が高い
・AbemaTVで有名な大手IT会社が運営
有名芸能人も愛用しており24時間鑑定を受けられる
電話占いカリスの特徴としては、圧倒的な鑑定件数が挙げられます。
たくさんの芸能人が占いについてコメントしているので、信頼できる占いサイトであることが分かりますよね!
また、AbemaTVで有名な一部上場のIT会社が運営しているので、料金も分かりやすく良心的です。
もしかしたら、あなたが好きな芸能人が利用している占い師に占ってもらえるかも..
*占いの際に、こっそり聞いてみてください。

提供元:ティファレト

 

 

電話占いヴェルニ
占いコンシェルジュがあなたに最適な占い師をオススメ!
・在籍する占い師は150項目以上の評価をクリア
・占い師の得意ジャンルが細かく記載されている
・不倫や復縁に特化した占い師が在籍
・コンシェルジュがあなたの悩みをサポート
・電話だけでなくメールでの相談も可能
電話占いヴェルニでは、500人もの占い師が在籍していることに加え、メディアへの出演をしているような実力派の占い師も多数在籍しているのが特徴です!
得意な占いや相談のジャンルが記載されているので、あなたの悩みに適した占い師を見つけることができます。
そして、業界初の占いコンシェルジュ付きなので、自分の悩みに合った占い師をプロに選んでもらえます!
*ハズレ占い師に当たらないということです。

 

 

 

電話占いピュアリ
口コミ件数の圧倒的な量と質!
・テレビやラジオ、雑誌の連載に取り上げられている
・芸能人や企業とのコラボイベントを多数開催
・LINE占いやyahooと提携している一流占い師も在籍
今月限定で8000円分の無料ポイントプレゼント実施中
電話占いピュアリでは、相談相手となる占い師を選ぶときに参考になる口コミがたくさんあるので、間違えて当たらない占い師を選ぶことがありません。
さらに、テレビやラジオなどメディアから取材も多く、多くの芸能人をクライアントに持つ占い師の方が在籍しています。

 

 

みさき
全て無料なので気軽に試してみてください!

Twitterでフォローしよう

今読まれている記事