またストーカーにつけられている?友達は大丈夫なのに、なんで私だけ…。

そんな経験があってお困りではありませんか?

実は、世の中にはストーカーされやすい人とストーカーに縁のない人がいるってご存知でしたか?

 

ストーカーの被害は年々増加しており、警察の発表したストーカー相談の件数は2万件を超えています。

SNSなどの発達で情報を得やすくなったこともあり、被害に困っている方も増えているということです。

 

しかしストーカーされやすい人はどこに目をつけられているのかが疑問だと思います。

 

統計を見てみると、痴漢やストーカーなどの被害にあう人はほとんど同じ人ばかりという事実があります。

この記事ではストーカーされやすい人の特徴とその対策についてお伝えしたいと思います。

 

ストーカーにつけられる心配がない生活は工夫をすることで可能になります。

 

安心は作れると考えてしっかりと対策をしていきましょう。

 

学校で目立たない生徒だった人が多い?ストーカーに狙われる特徴

自分のことを異性から好かれない、どちらかというと目立たない存在だったと思っていませんか?

実はあなたの勘違いで、影で好いていた男子生徒がいたかもしれません。

 

このように無自覚に男性が好きになりやすい女性はストーカー被害にあいやすい場合が多いです。

目立たないだけでモテる女子生徒はいます。
ストーカーを呼び寄せていることに気が付いていない女性は注意が必要になります。

 

いいよいいよが危険が呼ぶ?ストーカーをよろこばせない対策

あなたは今日のランチを決められないほど優柔不断な性格だったりしませんか?

また人からの頼みを断れないことも多いかもしれません。

例えば、仕事でも雑用を引き受けることや損な役目をおうこともあるでしょう。

 

そんな態度はストーカーからしたら隙だらけに映ります。
ちゃんと自分の意思をもって行動するようにこころがけることも大事です。

 

誰にでもやさしいと言われませんか?ストーカーにつけ入る隙を与えない対策

人にやさしく接することは素敵なことですし、良好な人間関係を作るうえで必要な要素の一つです。

 

ですが、そんな態度がストーカーに自分に気があると勘違いさせてしまうかもしれません。

あなたにそんな気がなくても、ストーカーからしたら好意を寄せられていると思うに十分です。

 

他人であることを意識させるような態度を保っていきましょう。

 

礼儀正しく接しないと…ストーカーに勘違いさせる真面目な態度は逆効果

真面目な人はメールの返信にも誠実に対応することが大事だと考えているかもしれません。

大人の付き合いは礼儀が大事ですよね。

 

しかし、その礼儀がストーカーを生む可能性もあります。

 

ビジネス上の礼儀も勘違いさせてしまう原因になってしまうこともありえるので、仕事以外のことは話さないなど距離をおいて接することで自分からあきらめてもらうように仕向けましょう。

 

細かいストーカー心理はこちらへ
≫ ストーカーが諦めるときは?ストーカーの心理を知って被害を防ごう

 

 

ストーカーされにくい人はどんな人?女子のグループでは目立つ存在

逆にストーカー被害にあったことがないようなタイプの女性もいらっしゃいます。

それは、よく女友達から相談に乗ってもらうような姉御肌のような特徴をもった方たちです。

 

昔を思い出してみると、学校では目立つ容姿で周りに人を連れて歩いているような人がいらっしゃいましたよね。

あなたはその人が作るグループの影に隠れていたかもしれません。

 

女性にモテる女性はストーカーが寄り付きにくい人と言えます。

 

臆病なストーカーが思わず離れていきたくなるようなかっこいい女性は憧れますよね。

こういった方を参考にあなた自身の振る舞いを見直してみましょう。

 

嫌なものは嫌!ストーカーを寄せ付けない断る意思で対策

ストーカーは臆病な人がなりやすく、自分が拒絶されることを極端に嫌がります。

ストーカーされにくい女性ほどいい意味で近寄りがたい雰囲気をもっています。

 

つまり断る意思を伝えることができる女性ということです。

拒絶の仕方も相手を傷つけない言い方をし、大人の対応ができるとストーカー被害をおさえることができます。

 

みさき
つけいる隙を与えない女性から学ぶことは多いですよ!

 

 

ストーカーに勘違いさせない工夫!もしかしてと思わせない対策

ストーカーになってしまう男性は女性との交際経験が少ない人が多い傾向にあります。

 

女性に少しやさしくされただけでも好意を寄せてしまうほどです。
ストーカーに悩まされない女性は勘違いをさせないような態度をつらぬきます。

 

もちろん芯が通った女性はかっこよく見えますが、それだけでなく危険から身を守ることもできています。

できるだけストーカーに期待させるような態度をしてはいけません。

もしかしたら自分にもと思わせないようにする工夫が必要です。

 

 

SNSの利用は注意が必要!ストーカー対策は情報を抑えることから

スイーツやかわいいものを見つけたらSNSにアップロードする習慣がある人は注意が必要です。

 

もしかしたらあなたのページをチェックしている人はストーカーが含まれているかもしれません。

今は写真から場所を特定できたりする世の中なので、個人情報を知らせてしまう事に繋がってしまいます。

 

いいねが欲しいからSNSの活動を頑張る人も多いですが、危険な目に合う確率もあがってしまいます。

今もあなたのページを見ているストーカーがいないとは断言できません。

 

みさき
少しでいいので、投稿する内容に気を配ってください!

 

 

 

ストーカーから身を守る!あなた自身ができる対策をしましょう

急にストーカーされにくい女性になることは難しいと思います。

 

自分を変えていくことはそれなりに時間がかかるものです。

 

ですがストーカーを対策をして安心できる生活を手に入れることはできます。

 

性格を変えるよりも周囲の環境を作り変える方が安心な生活に近づいていくはずです。
少しの工夫でストーカーから無縁の生活を送れるようにしていきましょう。

 

ストーカーから身を守る!護身グッズは必須

防犯グッズは持ち歩くことで安心して出歩くことができるでしょう。

例えば防犯ブザーやレコーダーなどでストーカーの証拠を抑えることも可能です。
本当に危険な時は、自分が思うように体が動かないようになってしまいます。

 

少しでも取り出しやすい位置に道具を用意しておくことで身を守ることにつながります。

 

他の人をつかって身を守る!第三者に協力をしてもらうことでストーカー対策

ストーカーには一人で立ち向かってはいけません。

女性の力ではどうしようもないこともあるので、決して自分でなんとかしようとせずに、周囲に協力してもらえるように助けが呼びやすい環境にいることが大事です。

 

例えば、親族の男性がいれば協力してもらうといいでしょう。
さらにストーカーに強く注意してもらうことで、被害が止まることも期待できます。

ストーカーは第三者の目が怖く、怯えている弱い存在です。もしも協力してくれる男性がいたら頼りにしましょう。

 

 

最後は法の力でストーカー対策!警察に頼むことで解決

ストーカー被害の増加で警察は相談に乗ってもらいやすくなっています。

できれば警察の力を借りてストーカーを撃退してもらいましょう。

自分の身の回りを警察がパトロールしていると知ると、ストーカーは怖くて逃げ出すかもしれません。

 

実際に警察に注意されてストーカー被害がおさまった声もききます。

ストーカー対策として警察ほど頼もしい存在はありません。
まずはストーカー被害にあっている証拠をもっていき、警察に協力してもらいやすくしましょう。

 

みさき
無理はしないで頼みましょう!

 

 

まとめ

ストーカー対策としてあなた自身の振舞いを見直すことが必要になります。

さらに断る意思をもつことや勘違いさせない態度でストーカーを生む可能性を低くすることができます。

 

性格を急に変えることは難しいかもしれませんが、少しずつ対策をしていくことで安心できる生活を送ることができます。

まずはあなたの態度からストーカー対策をしていくようにしていきましょう。

Twitterでフォローしよう

今読まれている記事